千葉で家族葬儀を選ぶ貴方に推薦できる企業5選

第1位 昭和セレモニー

  • プラン内容に応じてこだわりたい部分を選べる

  • 直営式場だけでも10カ所以上から選べます

  • 最初から最後まで同じスタッフが担当をするので安心

効果 価格・保証 対応 規模・実績 口コミ

昭和セレモニーに対するみんなの口コミ

終活イベントに参加させて頂きました。葬式にかかる費用や、事前準備などの様々な疑問を解消することができました。普段生活して...
家族葬にこだわっていた祖父の葬式を昭和セレモニーさんでお願いしました。プランも選べ金銭面も家族と相談できたので良かったで...
葬式をお願いした時に同時に霊園の紹介もして頂きました。千葉にある実家から近い霊園を紹介して頂けました。好立地で家族も通い...

故人と心温まる思い出をご提供します

昭和セレモニーでは経験豊富な一級葬祭ディレクターが千葉県内多数在籍しており、きめ細やかなサービスをお客様に提供します。

第2位 株式会社セレブ

  • 急ぎの葬儀が必要な方にも24時間365日対応が可能

  • アットホームな形だから悲しみを隠さず充分なお別れができる家族葬

  • VIP会員様だけが受けられる特別サービス

効果 価格・保証 対応 規模・実績 口コミ

株式会社セレブに対するみんなの口コミ

千葉県内で葬儀をお願いできる葬儀屋を探していたところ、口コミで1位になったっと評判を聞きこちらにお願いしました。評判通り...
セレブのVIP会員に友人がなっていたので、そちらのサービスを適用して家族葬をさせて頂きました。葬儀費用も割引して頂き、更...
突然の祖父の死に電話1本で対応して頂けました。深夜に依頼の電話をしたのですが24時間365日専任のスタッフが常駐している...

千葉県の葬儀口コミ評価第1位を獲得

多くのお客様からの信頼と支持を頂いています。その結果が顧客満足度にも繋がっており、従業員のやる気の源にもなっています。

第3位 セクト

  • お客様の期待に応えられるような徹底した人材研修

  • 高品質なサービスと低価格のコストパフォーマンス

  • 常にお客様の声に耳を傾け徹底したホスピタリティマインド

効果 価格・保証 対応 規模・実績 口コミ

セクトに対するみんなの口コミ

急な依頼でも電話1本で駆けつけてくれてとても心強かったです。右も左もわからないまま電話してしまったのですが、駆けつけてく...
父が亡くなり、セクトさんに家族葬をお願いしました。その時にサプライズで父の思い出のDVDを作って頂き、家族全員で観て感動...
以前から友人に評判を聞いていて、親族の葬式がある際はこちらにお願いしようと決めていました。スタッフの方はこちらのことを第...

家族葬のセクトは千葉市斎場認証登録会社

NPO法人全国葬送支援協議会に優良認定を頂いている誇り高き葬儀社です。自信を持ってお客様のサポートをさせて頂きます。

第4位 東雲堂アルファ

効果 価格・保証
対応 規模・実績
口コミ

マニュアル通りではなく臨機応変に対応

想定外のことでも対応できるのが東雲堂アルファの強みです。お客様の意見を聞き、こちらからも最善のご提案をさせて頂きます。

第5位 博全社

効果 価格・保証
対応 規模・実績
口コミ

家族葬のことなら千葉市の博全社

気遣わず、親しい人を中心に故人とゆっくりお別れができるのが家族葬の魅力です。葬儀は親族やご友人の心の整理をする場でもあるので、よりよいお別れの形をご提供します。

葬儀の種類(家族葬、火葬式、1日葬)

お墓参りこれまで葬儀と言うと、葬儀場や自宅で知人・友人を広く招き、料理をふるまうなどする葬儀が一般的でした。しかし最近では核家族化や経済不況等の要因で葬儀の簡略化が進み、一方で故人の遺志を尊重する個性的な葬儀も行われるなど、スタイルの多様化が顕著です。どのような葬儀があるのか、一部をご紹介したいと思います。

最近特に増加しているのが家族葬です。参列者を遺族のみに限定した小規模な葬儀です。多くの来客をもてなす必要がなく、家族・親族のみでゆっくりと最期のお見送りができるため、経済的・精神的にも落ち着いた葬儀となります。
次に火葬式ですが、これは通夜や告別式と言った儀式的なイベントを省いた、火葬のみのシンプルな葬儀です。費用が大きく抑えられる点が特徴です。
最後に1日葬です。これは通常通夜・告別式と2かけて行われる儀式を、通夜なしで1日で行う葬儀です。遺族の負担が軽いため、家族葬と同様、現在よく選ばれている方法です。

それぞれにメリット・デメリットがあり、掛かる費用や時間・手順にも大きな違いがあります。熟考せずに決めてしまうと、後々遺族間や故人の友人との間で確執が生まれる可能性がありますので、よく比較して決める事が大切です。

家族葬とは

お悩み家族葬は、参列者を遺族である家族と親族に限定した、少人数で執り行われる葬儀の事です。厳密な定義はありませんが、おおむね20~30人規模での葬儀とされています。

一般的な葬儀では、お通夜の席で故人の多くの会社関係者・友人・知人などが弔問に来られるため、葬儀の規模は大きくなります。一晩中付き添う親族や弔問客にふるまう通夜ぶるまいと呼ばれる食事の準備も必要ですし、喪主の挨拶等、やるべき事が多数あります。故人とのお別れを多数の人にしてもらう良い機会ではありますが、喪主や遺族の負担が多いのも事実です。そうした負担軽減のため、現在特に都市では家族葬が増加しています。また、義理の弔問は不要、家族のみのコンパクトな葬儀を良しとする故人の遺志や、高齢化・核家族化により社会とのつながりが少なく、大がかりな葬儀はいらないと考える人の増加も理由としてあげられます。

家族葬で気を付けるべき事は、後から訃報を知った友人が最後のお別れを言えなかった事に悔いを持つ可能性がある事です。家族葬を行う事を充分に周知しておき、必要に応じて偲ぶ会などを開催すると良いでしょう。また葬儀後に自宅へ弔問に来られる方もいますので、返礼品の準備もしておきましょう。

火葬式とは

お坊さん火葬式とは、通夜や告別式を省き、火葬のみを執り行う非常にコンパクトな葬儀です。直葬や荼毘葬と呼ばれることもあります。一番の特徴は費用の負担が小さい事です。一般的な葬儀では、飲食接待費用や葬儀の費用で平均200万円ほど掛かると言われています。比べて火葬式では、平均20万円ほどと、10分の一の費用に抑えられます。

火葬式が増加した背景には、故人が遺族に経済的負担をかけたくないと火葬式を指定するケースや、式自体はシンプルに執り行って後日偲ぶ会を大きく開催するケース、故人も残された遺族も高齢で大がかりな葬儀は望まないケースなどがあります。いずれにしてもやはり費用の面で選ばれることの多い葬儀方法です。

費用が小額な分、何が付いていて何が付いていないかを把握しておく必要があります。最低限必要なものとして、ドライアイス・棺・花束・仏衣等、スタッフ配備・安置所の使用料金・搬送料金・火葬料金等があげられます。業者によって物品がセットになっていなかったり、安置所の使用日数が短く追加料金が発生したりと様々ですので、内容は良く確認しておきましょう。格安料金を謳う業者でも実は追加オプションが必要で、聞いていたより高くついたという声も聞かれますので注意が必要です。

1日葬とは

喪服1日葬では通常2日かかる通夜・告別式を、通夜を省いて1日で行う形態で、ワンデーセレモニーとも呼ばれています。喪主が2日続けて時間を確保する事が難しいケース、遠方から来訪する親族の負担を減らしたいケース、シンプルな葬儀が希望だが火葬式では少し寂しいといったケースで選ばれる事が多い方法です。
費用を安く抑えられるため最近多くの葬儀社で取り入れられており、今後も増加が予想されます。

家族葬との違いがよく取り上げられますが、その違いとは、家族葬が家族のみに人を限定した葬儀である事に対し、1日葬は通夜という儀式を省力した葬儀である点です。限定するものが人か儀式かの違いになります。どちらも葬儀を簡略化する事で費用を抑えられるのですが、1日葬で注意しておきたい事は、式場など施設の使用料です。お通夜がないから使用料は1日分で良いかと言うと、準備などで2日間施設を使用するため、業者によっては一般葬とさほど費用が変わらないといった場合があります。

また、1日葬はまだ新しい葬儀スタイルなので、年配の親族から非難の声が出ることもあります。菩提寺が1日葬では埋葬を拒否するといったトラブルも起きているので、前もって擦り合わせ・確認をしておき、いざという時に慌てないようにしておきましょう。

▲ ページトップへ