家族葬の流れ
2017.04.26

お墓の写真家族葬は葬儀の短縮版ではなく、小規模な葬儀という立ち位置にあるので、大まかな流れは通常葬を汲んだものになります。盛大な葬儀を望むのか粛々とした葬儀を望むのか、本人の意思を一度でも聞いておけば、最初の一歩を迷わず踏み出すことができるでしょう。家族葬を行うならどこの業者を頼むかといった所まで決め、電話番号を控えられれば尚良しで、葬儀に呼ぶ人を当人と話し合って、厳選まで済ませてしまえれば準備としては完璧です。
葬儀に備えるなど縁起が悪い、と思うかもしれませんが、残念なことに現実は、人の感傷には構ってくれません。もしもの時の対応について何も決めていなかった場合には、ご臨終から葬儀への段取りに続く忙しい行程を、待った無しで駆け抜けねばならなくなります。
死亡診断書を受け取った後に、まず行うべきが葬儀社への連絡ですから、家族葬にしようというなら、ここで家族葬に対応している葬儀社を選ぶ必要があります。葬儀社が故人を然るべき場所へと安置してくれますので、信頼できる業者に故人を託しましょう。その身柄を安心できる施設に移した後には、葬儀社との細かな打ち合わせが待っています。
通夜や葬儀をいつどこで行うか、内容はどうするのか、喪主は誰で遺影の写真はどれを使うのか、決めなければならないことを決めたら話し合いは終了です。逝去から段取りの相談まで、最短で一日といえば、いかに慌ただしい流れであるかがわかるというものです。
親族や知人へ、葬儀に関する連絡を入れるのなら、通夜の前のここしかありません。家族葬では報告は全てを終えてからするのが正式な形ですが、呼ばなくても知らせておきたい相手には、家族葬を選択したことを正直に伝えて、理解を得ることが大事です。家族だけで故人を送る意味を、相手の心に届く言葉で伝えましょう。
納棺後の通夜式は、参列者が少数であることの他は、通常の葬儀と変わらない形になります。葬儀告別式も同様です。初七日の位置は葬儀社の方針や地域の風習により前後しますが、出棺と火葬が後に来るか先に来るかというだけで、葬儀の流れは大幅には入れ替わりません。最後に精進落としをするかどうかは、遺族の判断にゆだねられます。
家族葬は密葬とは異なり、家族で葬儀を終えたらそれで完結で、呼ばなかった者を集めての、本葬やお別れ式は執り行われないのが特徴です。個人からの弔問があれば、その都度対応します。弔問客が多少多くなる可能性があるくらいで、完走してしまえば家族葬の余韻は残らず、それはごく普通の葬儀と同じ過去の思い出に過ぎません。

▲ ページトップへ