家族葬を選ぶ理由
2017.04.26

道家族葬を千葉の世帯に向けて展開する、葬儀社のサービスは年々増加傾向にあります。葬儀にお金をかける県として、全国的に知られる千葉においても、小規模な家族葬のあり方が理解されることが明白になった形です。葬儀と千葉の関係が、金額中心で成り立っているわけではないことも、同時に証明されたと言っていいかもしれません。
家族葬を選んだ理由として、葬儀の費用が抑えられるからとあげている人は、少なからずいます。そもそも葬儀社が、コストパフォーマンスの良さを、家族葬の魅力として大々的に紹介しているのですから、安さを求めて人が集まるのは当然の話です。
参列者が家族や近親者のみと少数になる分、大きな葬儀場を確保せずに済ませられるため、家族葬にかかる費用が通常の葬儀よりも少額になることは確かで、それは家族の心労を僅かながら軽くします。精進落としの席での飲食費や参列に対する返礼の品の代金が、費用として掛かってこないというのも無視できない点です。
ただし香典の受け取りも発生しないため、費用の回収が果たせないといった問題も起こります。ベーシックなスタイルなら行えたはずのお金のやりくりが出来なくなる点を加味すれば、一概に金銭的負担が小さくなるとも言い切れません。
葬儀社に支払う代金の全てを、自力で用意しなければならなくなるのは、家族葬のデメリットだとする意見も見られます。コストカットを目的に選ぶのであれば、結果的に負担が大きくなってしまったとならないように、計画的に動くことが大事です。
金銭面以外の家族葬のメリットとしては故人との別れをゆっくり、落ち着いた気分で行えることがあり、遺族の肉体的な疲労と精神的な疲労の、両方の解消に役立ちます。家族葬の千葉の推移然り、全国的な関心の高まり然り、実際にはこちらの方が多く人々の支持を集める理由であるとも説かれます。
かつてほどに家族の形が大きくない日本で、参列者の対応を遺族が一手に行おうと思えば、目の回るような忙しさの中、最後の時間を静かに過ごすことは叶わなくなるでしょう。悲しみはその忙しさが和らげてくれるかもしれませんが、静かに悲しみを乗り越える時間が必要な時もあります。そんな時の家族葬です。
家族葬を選びたいと思うのなら、選択を恐れることはありません。葬儀は故人と遺族の思いに沿って行われるべき祭儀で、大きな規模や大勢の弔問客は必須ではなく、希望しなければなくても良いものです。風習や慣習に則るより、重視するべきは心の安寧であり、後悔のない別れであると心得ましょう。

▲ ページトップへ